子供の頃からの憧れはディノ

子供の頃に格好いい車に憧れた人は少なくないと思うのですが、私もそんな子供の一人でした。
生まれが三重県だったこともあり、鈴鹿サーキットで開催されてたF1好きな友人たちの影響も大きかったかもしれません。
大体はその時期ハマって飽きるものなのですが、何台かだけは今でも好きなままだったりします。
その一つがフェラーリディノ246GT、最近はしばらく見ていませんが写真で見ても惚れ惚れしてしまいますね。

若い頃数年間ヨーロッパで遊学していた時期があったのですが、実は一度だけそのディノに乗る機会がありました。
フランスを旅していた頃に知り合ったイタリア人の学生がいて、その友人を訪ねてイタリアに行った時です。
彼の家に招かれて食事をしている最中、彼の父親と車の話になりました。
彼の父親は雑誌のジャーナリスト、主に車関連の仕事が多いと言ってました。
好きな車は?と聞かれて思い出したのはディノ。
どうして?と聞かれたので、だってあんなに美しい車は他にないじゃないですか、と答えました。

数日後友人から改めて食事にお誘いがありまた伺ったのですが、後から来た父親の友人がなんとディノに乗って来たのです。
私の話を聞いて父親が気を利かせてくれたんですね。
確かその時が実際に生で見る最初のディノ、いやあ格好良かったです。
色は赤ではなくてシックなグレーっぽい色、そのイメージギャップが逆により一層格好良く映りました。
せっかくだから運転するか?と言われましたが何しろ運転は自信がない私、下手に運転して事故でも起こそうものなら大変ですし、お願いして隣に乗せてもらいちょっとだけドライブしてもらいました。

正直なところあまりに興奮しすぎて乗り心地なんて全く記憶にないのですが、中から見る景色もいつもと違って見えたような気がしましたね。
その後日本で友人が所有するフェラーリに乗れる機会がありましたが、残念ながらディノほどの感動はなかったですね。
やっぱりイタリアの田舎の景色の方がサマになるんでしょうね。

参考

人気の車10選はこちら

http://www.cygnetnewtheatre.com/whats-on-2/

乗り心地が良くて運転しやすく燃費も良いN-BOXがお気に入りです

車はコンパクトな方がいいので軽自動車やコンパクトカーが好きで特に気に入っているのがホンダのトールワゴン型の軽自動車のN-BOXです。N-BOXは軽自動車ですが、トールワゴン型なので車内空間が広々としています。軽自動車は車内空間が狭くて乗り心地があまり良くない印象がありましたが、車内空間が広々としているN-BOXは乗り心地がすごく良いです。軽自動車では長時間のドライブは厳しいですが、N-BOXの場合は乗り心地が良いので長時間のドライブにもしっかり対応する事が出来ます。旅行など遠出をする時もN-BOXを利用しています。

N-BOXは軽自動車なので燃費が良いですが、無駄なエネルギー消費を抑える機能が搭載されているのも大きな特徴です。まず運転していて途中で停止した時に自動でエンジンが停止するアイドリングストップの機能が搭載されています。停止した時に自動でエンジンが停止して発進する時にプレーキを離すと再びエンジンが始動します。車が停止している時にエンジンも停止されるので無駄なエネルギー消費を抑えてくれてガソリン代を節約する事が出来ています。N-BOXを購入してから経済的に余裕が出てきたので大きなメリットになりました。

N-BOXは軽自動車でボディがコンパクトなので運転しやすいのも大きな特徴です。普通車だと狭い道路を運転している時に対向車が来てしまうとすれ違う時に気を遣ってしまいますが、ボディがコンパクトなN-BOXだと狭い道路を運転していて対向車が来ても余裕があるのでスムーズにすれ違う事が出来ます。狭い道路でも運転する時にそれほど気を遣わなくていいのがN-BOXの魅力だと思います。

N-BOXのボディカラーは黒、白、グレーなどが主流になっていますが、自分はグレーを選んでいます。グレーにした事で明るすぎず暗すぎずといった感じなので大人の印象が出ています。年齢を重ねてきた時でも自分に合いそうなので現在でもお気に入りの車です。

ヨーロッパ仕様のシビックがモデルチェンジを繰り返してもカッコいい

2006年にヨーロッパで販売されたヨーロッパ専用のホンダシビック5ドアハッチバックが一直線につながったヘッドライトや複雑な形状のリアウィンドウ、3ドアのように見えるリアドアの構造など、とても斬新なスタイルがカッコよく大好きな車でした。当時日本にはシビックのセダンしか販売されておらず、どうにか輸入されないものかと思っていました。

その後、シビックハッチバックの外見をよりスポーティにした3ドアスポーツバージョンのタイプRが登場して話題となり、日本への輸入の機運が盛りあがり、2010年にはとうとう輸入がかなったのですが、シビックタイプRにはハイパワーエンジンに加えて6速マニュアルの設定しかなく、免許の関係と、350万円近い車両価格、限定2010台と言うハードルはあまりに高すぎて手に入れることは出来ませんでした。シビックシリーズは2011年にモデルチェンジを受け、ヨーロッパ仕様のデザインが素晴らしかったのですが、輸入はされませんでした。かといって自力で並行輸入を行うには知識やお金が圧倒的に足りませんでした。

確か200万円相当の車に500万円近いお金や船便で送る手間がかかったと思います。その後、2011年モデルのシビックにもスポーツモデルのタイプRが登場しましたが、今度の仕様は6速マニュアルに加えて315馬力と言う超ハイパワー使用になっていたうえ400万円の価格と前回のタイプR以上に厳しい750台の限定販売でとても手が出せず、手を出せたとしても即売り切れという感じだったそうです。

これらのシビックはミニカーが登場しているのでこちらを手に入れたり、海外のシビックのカタログを手に入れたりしました。シビックハッチバックは最近フルモデルチェンジを行い、相変わらずデザインがカッコよく、とても気に入っています。日本に導入されるという噂もありますが、普通のタイプが導入されるのかが気になるところです。

数々の車に乗ってきた中で、私が一番好きなのはタント!


これまで運転免許証を取得してから、ダイハツのミラ、トヨタのスターレット、ファンカーゴと乗り換えてきました。そして今一番気に入っている車は、現在乗っているダイハツのタントです。

ファンカーゴが結構気に入っていたのですが、長年乗り続けてきたことであちこちガタついてきました。エンジンがかかりにくくなったことで、もうこれはダメだと乗り換えを決意しました。もうその時点から次に乗る車はタントだと決めていました。

タントを選んだ理由は、いくつかあります。

  • まずは、軽自動車であることです。

ファンカーゴは普通乗用車なので税金が高かったのですが軽自動車であるタントはかなり安く済みます。

  • また、トール型であることも魅力でした。

初めてトール型であるファンカーゴに乗って、その車内空間の広さを実感してから、次に乗る車も絶対トール型がいいと決めていました。軽自動車でトール型の車種はいくつかありましたが、その中でも、全体的なデザインがカッコ良く見えたタントを選びました。実際ディーラーでタントに試乗してみて、普通乗用車であるファンカーゴとあまり変わらない車内空間だったのですぐに気に入りました。一見コンパクトな車体ですが、乗ってみるとかなり広々としています。

  • もちろん、軽自動車ならではの小回りの良さも魅力でした。

タントにしてからは切り返しなく、一発で駐車スペースに入れられることがほとんどです。狭い駐車場でも楽です。後部ドアもスライドなので、荷物の積み降ろしもしやすいです。通勤やスーパーへの買い物など、様々な目的に利用しやすいです。

おそらく、今乗っているタントが古くなってきたら、また同じタントに買い換えると思います。それぐらい乗りやすく、使い勝手のいい車なのです。これまで様々な車に乗り換えてきましたが、タントが一番好きです。軽自動車であること、乗りやすいこと、車内空間が広いことなど、私の希望すべてに応えてくれる車です。

合わせて読みたい

子供の頃からの憧れはディノ

CT200hの燃費性能とかっこよさ

レクサスといえば、なかなか手が届かないと考える方もいると思います。しかし、レクサスCT200hは何と400万円以下であのあこがれのレクサスブランドのオーナーになることが出来るお得な車なのです。さらに、2011年発売のこの車は当時ではハイブリッドカーとして最高の燃費性能を誇り、当時はかなりの話題になりました。そのマスク、フロントグリルのデザインは当時のレクサスのラインナップを彷彿としたデザインでもちろん高級感、かっこよさはいうまでもありません。

では、実際に乗ってみてどうかというとことです。冒頭に記載した燃費性能はかなり高いといえます。乗り方によっては平均燃費で20キロ以上をキープすることが出来るほどのすばらしい性能を備えています。発売当初に聞いていたのはプリウスと同じエンジンだということですが、プリウスよりも軽量な分、少し燃費性能では同じ時期に発売したモデルよりも高いのかもしれません。

そして、内装に関してもこの価格での販売ながらも高級感はレクサスはさすがと思わせるものになっています。車高が低いこともあって、走りは非常に路面に沿った動きやすいイメージです。レクサスのハイブリットカーらしく、運転のモードも通常のモード、エコモード、レーシングのモードと3つ備えています。レーシングのモードを利用するとその加速には驚きです。ハイブリッドカーといえば加速がちょっとガソリン車よりも弱いかなと考えがちですがまったくそんなことはありません。かなりの加速で誰もが納得してくれるはずだと思います。

我が家は今は家内と二人で運転してこのレクサスCT200hを楽しんでいます。2011年発売以来、フロントグリルがチェンジされたモデルも販売されていますがこれからもレクサスの中でも好きな車種として位置づけられる我が家の愛車になっています。

国産車とスポーツカー好きの私はNSXが一番好き

  • 1 バブル世代に微妙な重なった私はスポーツカーが大好き

私は現在44歳の男性なのです。
私ぐらいの年齢って10代半ば~20代前半までがバブル絶頂期でした。マハラジャとかもこの頃ですね。
この頃の車って燃費とか一切気にせず利便性もおろそかにしてました。
利便性といえばワンボクッス系の車ですが、当時はこういうのはあまり売れておらず外見と運転性能の高さからスポーツカーが大人気だったんです。
こういった風潮の中で育ったからか、その頃からずっとスポーツカーが大好きになりました。

  • 2 国産スポーツカーNSXを好きになった理由

この頃って日本製品が見直されていて海外からも日本すごい!って絶賛されていた時期なんですね。
ソニーがウォークマンを発売して日本すごい!日本製の家電品はまったく壊れない!車も日本製なら10万km程度乗った所で故障しない!って感じで日本製品ブームが起こりました。
この影響を受け、海外の車より日本製のスポーツカーの方が良い、海外の車はただ高いだけだと感じるようになり、結果国産スポーツカーを好きになりました。

国産スポーツカーといっても色々あります。その中で一番好きになったのはホンダ・NSXです。
ミッドシップのNAエンジンを搭載しアルミボディで軽量化、海外のスーパーカーにも引けを取らない秀逸なデザイン、スポーツカー好きの私は一目ぼれしましたね。
速さだけで言うなら日産GTRなんかもすごいと思うんですが、スポーツカーっぽいフォルムじゃないんですよね。フェアレディZなんかは流線型で良いデザインなんですがスポーツカーとしては馬力不足、マツダのRX-7はデザイン、運動性能は好きですが加速が他のスポーツカーより一歩劣るのと狭すぎる車内がダメでした。

  • 3 価格の高さ故にNSXを買えなかった。

これだけ恋焦がれていたNSXですが、国産最高値のスポーツカーだけあって購入できませんでした。
当時でも新車価格1000万、今のモデルなら2000万、相当型落ちの過走行NSXでも500万近くはしました。
現実的に無理だったので私が購入したのは三菱のGTOでした。
NSXとは対照的に2tある重たいボディーでしたが、外見に関してはNSXの次にかっこいいと思っていたので妥協しました。
とはいえ中古車で7万km走ってる状態でも200万以上したんですからそれなりの買い物なんですよね。
今でもNSXを買いたいという気持ちを抱えつつGTOに乗ってます。

スズキのハスラーにぞっこんです。

我が家には一台ワゴン車があるのですが、家内のためのセカンドカーを購入することになりました。

経済的な面から軽自動車にすることになったのですが、軽自動車を買うのは初めてだったのでどんな車を選べばいいのか皆目見当がつきませんでした。

家内はあまり車の運転の経験がなかったので、家内にとって運転しやすい車であることと、安全面を優先させることを念頭に置いて車選びを始めました。

ネットの口コミや各自動車メーカーのホームページなどを調べていくうちに、家内が気に入ったのがスズキのハスラーでした。

私自身はテレビのコマーシャルなどでハスラーのことは知っていましたが、どちらかというとオモチャっぽいデザインでどちらかというと好きではなかったのですが、家内がどうしても見てみたいというので近くのディーラーに行ってみることにしました。

実際にハスラーを間近で見たとき、それまでの考えとは違って車高が高くて案外としっかりとした車だなという印象を受けました。

家内がドライバーシートに座ってみたところ、とても見晴らしがよくて運転しやすそうだと言いましたが確かにそんな感じでした。

しかも内装もいくらかポップな感じですが案外安っぽさは感じられませんでしたし、自分が乗っても恥ずかしいと思うことはないなと思うようになっていました。

試乗させてもらいましたが、きびきびと走って運転席からの視界も良好で運転しやすい車で、外観からは想像出来ない質実剛健な車ではないかと感じ始めました。

しかも自動ブレーキも付いていて、安全性能も文句なしでした。

結局その日に注文したのですが、ハスラーが納車されるのを心待ちにしていたのは家内よりも私の方で、家内がハスラーに乗らないときを見計らって、あちこち走り回ってしまいました。

運転していてとても楽しい、スズキのハスラーはそんな車です。

トヨタのハリアーが大好きです。

  • 10年前にトヨタのショールームにハリアーの事を知りました。

その後、ハリアーに試乗できるとのことなので、試乗できるショールームへ行きました。

ハリアーを一目見た時にそのフォルムの美しさに感動をしましたが、実際に試乗させてもらい、絶対に欲しいと思ってしまったのです。

  • 実際にハリアーを購入したのはそれからすぐでしたが、当時はハリアー人気の為に新車の場合に納車されるのは半年くらいかかると言われまして、とにかく首を長くして待ちました。

半年と言われた納車が4ヶ月程度で来ると言われた時は本当に嬉しかったです。

初代ハリアーはブラックの240Eを購入しましたが、皮のシートをつけるとより高級車に見えるとの事なので、シートとハンドルを変えてもらいました。

ハリアーが初めて自分の車となって友人や知人を乗せるようになり、みなさんからとても良い車だね!と言ってもらえることがとても嬉しかったです。
またハリアーは運転していてもとても安定している車だと感じました。

以前はもう少し小さい車に乗っていましたが、最初の走りだしがもう少し不安定さを感じていたので、ハリアーの安定の安心感は女性にもとても乗りやすいと感じました。

またハリアーの良い点は助手席に関しても後部席にも関してもとても広いので、男性でも身体の大きな方もきつくなく乗ることが出来る余裕が好きです。

  • 現在は二代目ハリアーのホワイトに乗っていますが、初代は8年間乗りました。

二代目に変えてからまだ1年ですが、今回もハリアーを購入してよかったなとつくづく感じます。

二代目ハリアーは内装が標準装備でステッチになっていて、とてもおしゃれな内装となっているところに一目惚れをしたので、迷わずに二代目ハリアーの購入に踏み切りました。

二代目ハリアーは若干一代目よりフォルムが丸くなったところがよりスタイリッシュで気に入っています。

SUVの王様であり大鉄板『トヨタ ランドクルーザー』

僕は車の中でもSUVが好きです。

理由は、車体が大きいと遠くまで見渡せますし、オフロードでの走破性も高いからです。
僕は建設業を営んでいて、休日の日は妻と2人の子供達とアウトドアやレジャーを楽しむのが趣味です。
仕事でもプライベートでも、とにかく工具やアウトドアグッズなどを車に沢山積み込む癖があります。
積載量も多く、悪路でもぐいぐい進めるSUVは僕のライフスタイルに合っているんです。

SUVの中でも、やはり憧れはトヨタが誇る日本の元祖SUV『ランドクルーザー』です。
個人的には現行の200シリーズよりも、今はもう生産の終了した、70シリーズが好きです。
少しマニアックかも知れませんが、あのゴツゴツとした武骨なエクステリアの感じが、まるでjeepを連想させてくれてたまりません。
というより、僕はjeepのラングラーも大好きなんですよね。
大きなランドクルーザーに乗って、息子とスノーボードに行ったり、キャンプに行ったりするのが夢なんです。

そんな憧れのランクルですが、実は僕は未だに乗った事は無いんです。
20代の頃、どうしてもSVUに乗りたくてランクルの購入を検討した事があります。
しかし経済的な面を考えると、僕がランクルを維持していくのはどうしても難しかったんです。
やむなくランクルの購入は諦め、代わりに様々なSUVを探して検討して結果、ニッサンのエクストレイルを購入しました。
第1希望のランクルでは無いものの、初めてSUVを購入した僕はすごく嬉しくて、感動した思い出があります。
因みに32歳になった現在では、そのエクストレイルも手放してしまいました‥。
諸事情により今はホンダのフイットが僕の愛車です。

憧れのSUVランドクルーザー、最近では「そろそろモデルチェンジされるんじゃないか?」と噂されています。
今でも僕は『いつかは自分の愛車にしよう!』と夢見ているんです。

外車に懲りて、安心の国産車に乗っています。

私が一番好きな車は、トヨタのカローラフィールダーです。
もともとは外車が好きで、自分が初めて購入する車は外車がいいなと思い、最初
はシトロエンC4に乗っていました。

シトロエンを選んだのは、私自身ヨーロッパが好きで、ヨーロッパ旅行した際にシトロエンをよく見かけたからです。

それでいて、日本ではベンツやフォルクスワーゲンに比べると乗っている人が少なく、マイナーな感じが良いなと思っていました。

実際乗ってみると、車内のデザインなど外車ならではのスタイリッシュさがあって気に入っていましたが、燃費も悪く、故障が度々続き、外車はどうなのかと考えるようになりました。

ある日、出先で車が動かなくなってしまい、大変困ったことがありました。

外車は国産車と比べディーラーが少なく、その対応がすぐにできず問題が多かったこともあり、外車に乗ることを辞めることにしました。

すぐに国産車にしようと決め、両親が長年愛用しているトヨタの車を購入することにしました。

トヨタの販売店へ行き、デザインを見てすぐに、カローラフィールダーが良いと思いました。

国産車ながら外車のような雰囲気もあり、燃費も良く、言うことなしの車でした。
外車はブランド力なのか、ステイタスなのか、ただただカッコいいと思っていましたが、それは見た目だけの話なんだと思いました。

トヨタの車に乗ってみて、トヨタが国民に愛される理由も分かりますし、今や外国でもトヨタの車は人気があります。

カローラフィールダーはデザイン性が高いだけでなく、トランクも広く荷物が十分に入り、大変便利です。

それでいて、車自体のサイズ感が大き過ぎず、家族で乗るにもちょうどいいです。
外車を乗ったからこそ気付けた国産車の良さでした。

カローラフィールダーはとても気に入っていて、今後車を買い替えることがあっても、またカローラフィールダーを買いたいです。

今は予算の都合上、ガソリン車に乗っていますが、次はカローラフィールダーのハイブリッド車にしたいです。

長い距離を走っても疲れないスバルのレヴォーグ

それまで乗っていた欧州車が10年以上となって、さすがに丈夫な車とは言えあちこちガタが出始めたので車の買い替えを検討していました。

私は高速道路を使って遠出することが多いので、長時間乗っても疲れない、多少のスピードを出しても安定した走りを保てる車を探していました。

国産、外車にこだわらず広い視野を持ってあれこれ吟味してみましたが、そんな私に最も響いたのがスバルのレヴォーグでした。

まず目を引いたのがそのスタイリングで、ワゴンでありながらなかなかスポーティーにまとまっていていかにも走りが良さそうな印象を受けました。

フロントマスクが少々いかつく感じられましたが、アクセントとなっていい感じに思えて来ました。

肝心の走りですが、スバル得意の水平対向エンジンにフルタイム4WDと文句のつけようがありません。

ゴルフバッグが4つ積める荷室の広さもとても魅力的で、即座に買うことを決めてしまいました。

実際に納車されてからあちこち走り回りましたが、改めて気づかされたのがその安全性でした。

アイサイトという自動ブレーキや前方を走る車を認識して追従していく機能がとても素晴らしく、高速道路を運転することが特に楽になりました。

どんなに遠くに出かけても、対して疲れがなくなりそのおかげもあってより一層安全運転ができるようになったと実感しています。

幸いにも緊急で自動ブレーキのお世話になったことはありませんが、いざという時には役に立ってくれることでしょう。

最新の技術を用いた機能に目がいってしまいますが、スバルの車はシャーシやサスペンションなど基本的な部分の作りが素晴らしいということも忘れてはいけないと思います。

自動車本来の止まる、曲がるといった基本性能がしっかりしていてこそ先進の技術も生きて来るのではないでしょうか。

スバルのレヴォーグ、とてもいい車を買ったと思います。